管理建築士講習

ワールドカップサッカー日本代表 決勝トーナメント進出おめでとうございます。決勝トーナメントでも頑張って一試合でも多く試合をしてもらいたいものです。

さて 昨日は 当社建築設計事務所登録もしている関係上 設計事務所の管理建築士講習を受講に行きました。 社会問題となった 「耐震偽装問題」に端を発して 建築関係制度見直しの結果 法改正され 建築士事務所には必ず 専任の管理建築士が必要となり その資格条件の中のひとつに この管理建築士講習課程を修了した建築士がなります。この他 建築士事務所に所属する建築士にも定期的な講習受講の義務付けを平成20年11月28日施行された新建築士法で定められました。(経過処置として管理建築士平成23年11月27日までに、建築士定期講習は平成24年3月31日までに講習受講)

講習には岡山県内より約300人近く受講に来ていました。200ページほど有るテキストを講師が説明するのを 運悪く 一番前の席で朝9:00より 320分(法律で講習時間も決められています)聞き続け その後 60分間の修了考査テスト(テキスト見ても可)を受けました。丸一日 座りっぱなしで睡魔との闘いに疲れましたが最後のテスト不合格の場合又、同じ講習を受けなければなりません それだけはもういやです。 7月末頃に発表となります。f0150933_18363049.jpg
 

受講料は税込みで15,750円も 財団法人に払い 先の事業仕分けされた他の法人と同様 理事役員の高額報酬に当てられているのでは と思えたのは私だけでしょうか・・・
それにしても建設業には 結構 別々の財団法人等管轄での資格関係の講習・試験等あるものです。



okuyama

イールドコーポレーションHP
by wahook | 2010-06-25 18:37 | 日記
<< C工場 暗室新設工事 4日目・5日目 C工場 暗室新設工事 3日目 >>