カテゴリ:岡山試験場 改修工事( 12 )

建物内部土間はつり

岡山試験場 内部ピット新設工事
 本日紹介の工事は工場内床のコンクリートをハツリ取りして深さ1mの穴を掘り、ピットを新設した作業です。

f0150933_19413097.jpgまず始めに はつり作業に伴い発生するホコリ対策の為、屋内に全面シートで覆った作業小屋を作りました。


f0150933_1956536.jpg作業小屋の中の様子です。コンクリートを切断しています、小屋の中で発生する粉塵は送風機で吸い取り屋外に出します。


f0150933_2010689.jpgコンクリートをはつり取っています。この作業が一番ホコリが発生する作業です。作業中はシートのスキマからホコリが工場内部に漏れていないか何度も確認しました。しっかりと目張りをしていた為大丈夫でした。


f0150933_20134930.jpgやはり工場の床です。コンクリートの厚み30センチもあり結局ハツリ作業で2日間かかりました。その後人力にて穴掘りです。これは職人さんもしんどかったようです。所定の深さまで掘った後に床壁部分に鉄筋配筋して行きます。


f0150933_202634100.jpgコンクリートを打ち防水工事を行い、仮設小屋を取り外しました。その後片付け清掃を行い今回の岡山試験場改修工事は全て完了です。


前工期2ヶ月間の工事でした。この工事では稼働中であり社員の方も作業している横での工事だった為、養生及び工事の動線等については非常に注意をさせて頂きました。又、工場の社員の方も工事に協力的だった為助かりました。

okuyama 

イールドコーポレーションHP
by wahook | 2009-02-05 20:21 | 岡山試験場 改修工事

工場内壁防音対策工事

岡山試験場 防音対策工事
 

f0150933_22483369.jpg この工事は工場建物内で発生する騒音を建物外部で半減させる為の防音対策の工事です。高さ6mの外部に面する壁に足場を組み吸音用にグラスウールを以前あった建物内側壁に貼った後 軽量鉄骨で壁下地を建てました。


f0150933_22502160.jpg壁下地の上に厚み21ミリも有る強化石膏ボードを横長にして張って行きます。通常住宅等で使用するボードが厚み9.5又は12.5㎜ですから2枚分の厚みです。この後 2枚目の強化石膏ボードを今度は縦長に貼って行きます。ボードの突合せ部分から音漏れの無い様にするためです。


f0150933_22505293.jpg最上部では既設の鉄骨梁・スラブの耐火被覆(ノンアスベスト品)をボードにかぶせて吹き直します。


f0150933_22512286.jpg足場を取り外して工事は完了です。建物内部で発生した騒音を1枚目の強化石膏ボードで音をはね返し、2枚目の強化石膏ボードで一枚目のボードから透過してきた音を再度跳ね返し、なおかつ透過した音をグラスウールで吸音効果をはかり それでも透過する音は既設の内装材・外装材で音の透過量を落すように計画しました。計算通り騒音は半減できました。


計画段階で費用をかければ他の工法もありましたが、限られた予算の中で工場側のコスト・性能要望にお答えできました



okuyama 

イールドコーポレーションHP
by wahook | 2009-02-03 23:29 | 岡山試験場 改修工事

屋外溝改修工事

岡山試験場 屋外溝改修工事
 この工事は 敷地外周側溝の内 100m分の溝を先日まで紹介していたグリストラップに雨水が流れるように水勾配を取り直す工事です。

f0150933_13331416.jpg長い間溝の掃除はしていないとの事で まずは溝掃除です。


f0150933_13382756.jpg100mほどの溝の掃除に 6人で3時間、泥は2T車約2台分掛けようやくこのようにきれいになりました。この溝を水できれいに清掃して行きました。


f0150933_13335368.jpg次の日は朝より モルタルを流し込み水勾配をつけて行きました。
f0150933_1342773.jpg前日の溝掃除を試験場の方がきれいになっれいるのを見られ今回の工事以外の溝も掃除して欲しい との要望が有りました。


f0150933_13401289.jpg結局 特に泥が溜まっていた溝≒50m分も掃除しました。都合 2T車3台分の泥が溝の中に溜まっていたことのなります。 溝改修工事では無く 溝清掃工事のほうが作業内容としてはあったかも知れません。


okuyama 

イールドコーポレーションHP
by wahook | 2009-02-02 14:01 | 岡山試験場 改修工事

岡山試験場 改修工事(グリストラップ築造工事)4

岡山試験場 グリストラップ築造工事  その4
 
f0150933_13142327.jpgその後 周囲に現場打ちのコンクリート桝を築造していきました。

f0150933_13152437.jpg配管後、グリストラップ内部に耐油性の防水剤を施工して行きます。

f0150933_13164234.jpg埋め戻し整地を行い、舗装用に砕石を敷き込んで行きました。

f0150933_13213223.jpg舗装施工を行い この部分の工事は最後水洗い清掃をして完了となりました。舗装は他の舗装工事と日程を合わせた為 この範囲の工事期間は1ヶ月半となりました。


okuyama 

イールドコーポレーションHP
by wahook | 2009-02-02 13:26 | 岡山試験場 改修工事

岡山試験場 改修工事(グリストラップ築造工事)3

岡山試験場 グリストラップ築造工事  その3
 
f0150933_18595977.jpgコンクリート打設後の状況です。グリストラップ横にも同時に各機械基礎コンクリートも打ちました。

f0150933_1854758.jpgグリストラップ外周の型枠を取り外して 埋め戻しを行っています。地盤が悪い為しっかりと転圧(締め固め)を行います。

f0150933_18583427.jpgタンク設置済みの写真ですが 同時に打設した屋上基礎のひとつです。



okuyama 

イールドコーポレーションHP
by wahook | 2009-01-19 19:23 | 岡山試験場 改修工事

岡山試験場 改修工事(グリストラップ築造工事)2

岡山試験場 グリストラップ築造工事 その2
 

f0150933_18463097.jpg壁の配筋状況です。鉄筋の先に黄色いキャップを取り付けているのは、人の体に鉄筋が突き刺さらないように安全対策のものです。
f0150933_18514242.jpg鉄筋組立後 内外の型枠を建て込んでようやくコンクリートの受け入れれる状況になりました。
f0150933_19112776.jpgグリストラップと並行して 建物屋上に機械基礎も同時に施工しました。このような基礎が4ヶ所、防油提が2ヶ所ありました。屋上のコンクリートの上にアスファルト系の縁切り材料を敷き込んでコンクリートを打ちます。


f0150933_18542879.jpg 屋上のコンクリートだけで3m3程のコンクリート数量ですが 人力ですと打ち込みに2時間ほど十分に掛かりますがさすが ポンプ車です 30分程で屋上の打設を終え グリストラップ壁のコンクリートを打設しました。


okuyama 

イールドコーポレーションHP
by wahook | 2009-01-15 18:43 | 岡山試験場 改修工事

岡山試験場 改修工事(グリストラップ築造工事)1

岡山試験場 グリストラップ築造工事 その1
 

今回の改修工事の中で 主要な工事のひとつ グリストラップ築造です。
本試験場の建物がある敷地内の全ての雨水をこれから工事紹介するグリストラップに接続して油類と雨水に分類し、雨水のみ外部に放流する施設の工事です。

f0150933_17415410.jpg工事着手前の状況です。この部分の舗装を撤去し地中2mの深さまで掘って行きます。

f0150933_1746079.jpgこの付近は地質が悪い為 念のため長さ5mの松杭を打ちました。
f0150933_17495917.jpg墨出し用のコンクリートを打設後、鉄筋を組み立てます。 
 f0150933_17534540.jpg
下スラブの鉄筋組立後一度コンクリートを打ちました。打設後 雨となり雨養生は行いましたが翌日は写真の通り雨水が溜まっていました。この次に立上りの壁を打つのですが、打ち継部分に止水板を入れている為 溜り水を取除くのにずいぶん手間が掛かりました。逆に止水板が有効に働いている事にもなるのですが・・・・




okuyama 

イールドコーポレーションHP
by wahook | 2009-01-13 18:01 | 岡山試験場 改修工事

岡山試験場 改修工事(外柵フェンス工事)

岡山試験場 外柵フェンス工事
f0150933_180359.jpg先日まで紹介していた工事と並行で敷地外周一部フェンス取替え工事も同時施工していました。写真に写っているのは既設のネットフェンスを切断した様子です。写真奥のフェンス基礎の高さまで取り外した側のフェンス基礎を嵩上げして行きます。


f0150933_1833695.jpg既設基礎にケミカルアンカーを打ち 継ぎ足す基礎コンクリートを一体化させます。写真はアンカー筋に横筋を取り付けている状況です。この後型枠を建て込み コンクリートを打設しました。


f0150933_1842098.jpgその後 既設フェンスと同じ目隠しフェンスを取り付けて行きます。

f0150933_18204118.jpgフェンス工事一旦終了です、実はこのフェンスの上に同色の鉢巻パネルを取り付けるのですが、既設の鉢巻パネルと同じ形状の物が各メーカーに問い合わせても無いとの返事・・・ 工場側へ問い合わせて以前施工した会社を紹介してもらったものの メーカー自体同様の形状に鉄板を折り曲げる機械が無いとのことで 結局このやり取りで約1ヶ月半後にようやく 似た様な形状の物(当初より探しても無かった為 サンプルを提出していた鉢巻パネル)に決まりました。

f0150933_1863187.jpgそのパネルを取り付けて ようやくフェンス工事の完了です。

f0150933_18364354.jpg太陽光線の関係で色が変わって見える鉢巻パネルから左側が今回施工したフェンスと鉢巻パネルです。色が変わって見える鉢巻パネルとその右側のパネルの形状の違いわかりますか。

上下の太い横ラインの間に細いラインが2本あるのですがその細いラインの巾と間隔が違いのです離れて見ると色は合っているのであまり気にはなりませんが、某有名企業の敷地境界のフェンスなので、工場側からの要望もしかた無いところです。施工延べ日数は6日間ではありますが完成までの日数は約2ヶ月近い物となりました。


okuyama 

イールドコーポレーションHP
by wahook | 2009-01-08 18:59 | 岡山試験場 改修工事

岡山試験場改修工事(T試験室他排油溝・桝設置工事)2

T試験室他排油溝・桝設置工事 その2f0150933_21201694.jpg建設時の図面上では床コンクリートの厚み30センチで 他の部屋ではほぼ設計図面通りのコンクリートの厚みでしたが、運悪く この桝設置部分では 深さ45センチはつりとった所で 図面には無かった地中梁が出てきましたので 設計との協議結果深さ変更となりました。改修工事にはこのような事がタマにあるので、予定とおりにならない所です。


f0150933_21315470.jpg廃油溝溝底をモルタルで勾配取りした状況です。


f0150933_21324874.jpg同じく廃油桝部分の設置状況です。

f0150933_21341597.jpg桝蓋設置し後は 床・蓋の塗装をして工事完了となります。

排油溝・桝設置工事は はつり作業で多少日程がずれたもののどうにか 此方も打合せ日程(5日間)内で済む事ができました。

okuyama 

イールドコーポレーションHP
by wahook | 2009-01-07 21:45 | 岡山試験場 改修工事

岡山試験場改修工事(T試験室他排油溝・桝設置工事)

T試験室他排油溝・桝設置工事 その1 
T試験室及び他2室で コンクリートの床をはつり取り、排油用溝・桝を設置しましたf0150933_21233195.jpg周囲排油溝、桝の位置だしを行い 防塵対策として埃を水で飛散しない様にした上で その水を吸い上げるバキューム式のコンクリートカッターで所定の深さまでコンクリートに切込みを入れます。その後この機械で切り込み出来ない部分は集塵機を利用しながらエアーカッターで切りこみました。


f0150933_21271678.jpg此方の写真は切り込み部分を深さ9センチまではつりとった溝の状況です。

f0150933_21275746.jpg廃油桝部分は深さ50センチ必要な為 土間のコンクリートをはつり抜いている状況です

okuyama 

イールドコーポレーションHP
by wahook | 2009-01-06 21:35 | 岡山試験場 改修工事