カテゴリ:K様邸新築工事( 4 )

地質調査報告書・土質標本

先々月 行っていたボーリング調査報告書がやっと出来上がってきました。
f0150933_2165129.jpg一部サンプル土質を試験していた為日数がかかってしまいました。報告書の中には調査試験内容、調査結果による地盤強さの判定等が盛り込まれています。


f0150933_20485516.jpg調査時に採取した各層ごとの標本です。地下の土質を実際にさわって確かめれます。


f0150933_20491845.jpg写真左が地下6m付近の標本で非常に柔らかいシルト層が採取できています。写真右は支持層付近の標本で砂礫層が採取できています。



okuyama

イールドコーポレーションHP
by wahook | 2008-04-04 21:18 | K様邸新築工事

地盤調査 4日目

調査開始4日目
f0150933_23503472.jpg調査中の状況です ノッキングヘッドに白色の印は沈下測量用のマーキングです。


f0150933_23561765.jpgマーキングがケーシングの天端に来るまで、打ち続けます。今回測点は地中14mで打撃回数は20回でしたのでN値は20となります。この作業を1m置きに繰り返し行います。



f0150933_013184.jpg土質のサンプリングで、粘土質砂でした 今回の調査場所では14m~15m付近で支持層として活用できる砂礫層が出てきそうなのですが、N値50期待できる砂礫層又はN値30が3m位続きそうなもう少し深い場所迄調査を行います。


okuyama


イールドコーポレーション HP
by wahook | 2008-02-21 23:57 | K様邸新築工事

地盤調査2

地盤調査3日目です。

予想より支持層が深く時間が掛かっています。
f0150933_21542317.jpg
写真は手動式のボーリング機でドライブハンマーを落下させているところです。





f0150933_21553685.jpg

ボーリングロッド先端の標準貫入用サンプラーを取り出したところです。


f0150933_2156036.jpg


by wahook | 2008-02-20 21:49 | K様邸新築工事

地盤調査

本日から、新規物件に掛かる前の地盤調査に入りました。
ちなみにスターハウスの両断熱RC構造物件です。

家を建てる時、先ずその地盤の強度や地質を正確に把握することが大切です。
いくら躯体や基礎が強固でも地盤を無視すると、ピサの斜塔のように建物は完全なのに傾斜することにもなります。
そうならないよう地盤調査を行い構造計算をして、その建物に最適な基礎仕様の設計を行います。

ここでは標準貫入試験孔内水平載荷試験を行います。

f0150933_19373885.jpg

写真は機材搬入前、現状撮影状況です。


測量地点が解体前建物の狭い庭先なので、搬入作業にてこずりました。

f0150933_1939550.jpg

セット完了状況です。
これから試験を始めるところです。



試験は地盤の状況(支持層の深さ等)で変わってくるのですが、およそ3~4日の予定です。



okuyama


イールドコーポレーションのHPはこちら↓↓↓
イールドコーポレーションHP
by wahook | 2008-02-18 22:22 | K様邸新築工事